【ニッセイ名作シリーズ】バレエ『くるみ割り人形』

ニッセイ名作シリーズ
バレエ『くるみ割り人形』(7/9~7/13)

くるみ割り人形表紙

日生劇場は日本生命保険相互会社の協賛により、オペラ、クラシックコンサート、人形劇などの多彩なジャンルの公演に、幅広い層の児童・青少年を無料でご招待する「ニッセイ名作シリーズ」を展開しています。

2018年7月9日(月)~7月13日(金)まで、日生劇場にて、ニッセイ名作シリーズ2018 バレエ『くるみ割り人形』公演を行い、全5公演に約5,400名の中高生を招待しました。

クリスマスイブに少女クララが見た夢物語を通して、物事のみせかけではなく真実を捉えることの大切さを伝える、バレエ『くるみ割り人形』。
中高生の皆さんは、チャイコフスキーの美しい音楽にのってダイナミックなジャンプや華麗な踊りを見せるダンサーに拍手を送りながら、バレエ『くるみ割り人形』の世界に見入っていました。

くるみ割り人形1

撮影:三枝近志

くるみ割り人形2

撮影:三枝近志

ニッセイ名作シリーズでは、バレエを初めて鑑賞する皆さんにも分かりやすくバレエを楽しんでいただくために、バレエの基礎知識や見どころ、あらすじを解りやすくまとめたDVDを事前に学校に提供するとともに、「解説字幕付き」で上演しています。

今後も様々な公演を全国各地で開催し、児童・青少年が優れた舞台芸術に触れる機会を提供していきます。

詳しくはこちら

 更新日:2018/07/26