第23回ニッセイ・バックステージ賞 受賞者について

■第23回ニッセイ・バックステージ賞 受賞者決定のお知らせ

舞台芸術を裏から支え、優れた業績を挙げておられる舞台技術者=「裏方さん」を表彰する
「ニッセイ・バックステージ賞」。第23回の受賞者は次の御二方に決定しました。

田村悳 様   (舞台音響効果)
1953年劇団俳優座付属演劇研究所入所以来、64年間にわたって舞台の音響効果一筋に
1000本以上の作品を手がける。多岐にわたる作品を通じ、舞台を支えると共に音響効果の
確立に貢献、後進の育成にも尽力している。(86歳)

望月廣幸 様(パイプオルガンの設置・調律・保守)
武蔵野音大を卒業後、1964年に渡独しオルガンビルダーの資格を取得。1970年代より
全国の劇場・ホール等にパイプオルガンを設置した。日本のパイプオルガンの黎明期を支え、
普及に努めてきたオルガンビルダーの第一人者。(77歳)

 

<選考委員>
池辺晋一郎 (作曲家)
佐藤 信  (劇作・演出家 座・高円寺芸術監督)
高田一郎  (武蔵野美術大学名誉教授)
永井多惠子 (公益財団法人せたがや文化財団理事長)
野村 萬  (公益社団法人日本芸能実演家団体協議会会長)
藤田 洋  (演劇評論家)
吉井澄雄  (公益社団法人日本照明家協会名誉会長)
武田嘉和  (公益財団法人ニッセイ文化振興財団理事長) (五十音順・敬称略)
詳しくはこちら ⇒ニッセイ・バックステージ賞

 

 更新日:2017/10/18