被災地支援活動の一環として郡山女子大附属幼稚園で人形劇を開催しました。

日生劇場では7月13日(水)に、郡山女子大学附属幼稚園で同大短期大学部幼児教育学科の学生による人形劇を、人形劇団ひとみ座のご協力を得て上演しました。
日生劇場は2011年の5月から被災地の子どもたちにコンサートや人形劇を楽しんでいただく活動を続けております。これに加え、より多くの子どもたちに楽しい時間を過ごす機会を提供するべく、現地において子どもたちと接している方々に人形劇の制作・上演ノウハウをご提供し子どもたちに上演していただく活動を始めました。
今般は幼児教育学科で学ぶ学生の皆さんを対象に、今年4月からの授業において人形劇団ひとみ座や日生劇場のスタッフが講師となって台本・人形・舞台装置の作成や、発声・演技・上演方法までを伝授しました。
7月13日の公演では、附属幼稚園の園児を前に「おおきなかぶ」と「ももたろう」を上演し、子どもたちは食い入るように劇を楽しんでいました。
今回の演目は同大の学生が今後子ども向けのさまざまなイベントで上演し、よりたくさんの子どもたちに楽しい時間を過ごしてもらう予定となっております。

 更新日:2016/07/16