事業内容

日生劇場はお客様により深く満足していただくため、以下の事業展開も行っております。

ニッセイ名作シリーズ

日生劇場は日本生命保険相互会社の協賛により、オペラ、クラシックコンサート、人形劇などの多彩なジャンルの公演に、幅広い層の児童・青少年を無料でご招待する「ニッセイ名作シリーズ」を展開しています。

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

親子で本格的な舞台芸術に触れていただく事を願い、開場30周年の1993年よりバラエティに富んだ作品を低廉な料金で紹介しています。2010年より「日生劇場ファミリーフェスティヴァル」と改称し、更に幅広くより多くの皆様に楽しんでいただけるような作品を紹介しています。

NISSAY OPERA

1963年の柿落とし公演ベルリン・ドイツ・オペラの「フィデリオ」上演以来、国内外で活躍している実力派のオペラ歌手やスタッフによる最高水準の舞台芸術を紹介しています。

ニッセイ・バックステージ賞

舞台芸術を裏から支え、優れた業績を挙げておられる舞台技術者、いわゆる「裏方さん」たちを顕彰する賞です。

華やかな舞台の裏側で舞台づくりに不可欠な仕事をされている方に光をあて、そのご労苦に報いるとともに、後継者の人材育成のための一助になればという願いのもと1995年に創設されました。

裏方さんが主役 〜華やかな舞台を支える「裏方さん」を顕彰〜

「舞台芸術は総合芸術である」と言われ、数多くの分野の人材、あるいは才能の結集によって制作、上演されております。

表舞台に立つ、作者、演出家、俳優といった方々は脚光を浴びる機会が多い反面、「舞台を支える=『裏方さん』」は、ともすれば注目されることもなく評価を得難いのが現状です。

当財団では、これら舞台を支える「裏方さん」たちにスポットを当てることにより、華やかな舞台の裏側で、舞台づくりに不可欠な仕事の数々をご紹介してまいりました。

1995年に創設以来、これまで大道具、小道具、衣裳、照明、音響、歌舞伎床山、舞台監督、ピアノ調律、ライブラリアン等様々な分野において、永年に亘って舞台づくりに貢献されてこられた素晴らしい方々が受賞されています。

<第22回贈賞式の様子>

< 第22回 ニッセイ・バックステージ賞 受賞者(2016年) >

山中 正夫 ヤマナカ マサオ (箏の製作 調整 舞台設営)

昭和15年1月2日生

東京・新橋生まれ。野村楽器店2代目店主で黄綬褒章を受賞するなど優れた箏製作者であった父、寅一氏に15歳で弟子入りし、その技術を学んだ。「お箏は何より音が命。
演奏家に望まれる箏を作り、糸を張れ。その為には演奏家の弾く姿をよく見ておけ。」と厳しい指導を受け、60年以上にわたってこの道一筋に研鑽を積んできた。その言葉通り、演奏家や一門の特徴をしっかりと把握することで、高い技術力とともに人間性も評価され、人間国宝を始めとする名人、およびその一門の演奏会には欠くことのできない人材となっている。
また、光春野村楽器店の3代目店主として、箏の製作にとどまらず、箏の運搬、箏糸の張替え、箏柱立て、舞台設営、演奏終了後の梱包といった業務を一貫して請け負い、数多くの演奏会を裏から支えている。
近年、箏に使用する箏糸が耐久性、経済性の観点から合成繊維製に代わるなか、日本古来の音を奏でる絹糸製を使用する演奏家が限られているのと同様に、絹糸製を用いた箏の調整技術を有するものは少なくなっており、この技術の優れた伝承者の一人として後進の指導にも尽力している。

下斗米 雪子 シモトマイ ユキコ (オペラ衣裳製作)

昭和22年2月2日生

名古屋市生まれ。昭和42年すみれ洋裁学院卒業後、日本ノビリティ㈱に入社し、パターン作り、縫製など洋服作りの実践を学ぶ。昭和47年に独立し、現在の㈱エフ・ジー・ジーを設立。平成4年の名古屋二期会オペラ「子どもと魔法」の衣裳製作を皮切りに舞台衣裳製作に本格的に取り組む。製作にあたっては、演出家の意図を的確に把握するとともに、これまで培ってきた欧米の服飾文化に関するノウハウや素材、スタイルなどの知識を基に、各演目の背景となる時代、地域、身分などを正確に表現し、観客へ伝達することをモットーとする。これまで約50演目近いオペラの衣裳を製作し、現在も衣裳の貸し出し、衣裳合わせや本番での現場の立会い、終演後の衣裳のメンテナンスに自ら携わっている。また、スタッフ、出演者へのきめ細やかな対応により全国各地のオペラ団体からの信頼も厚く、ひたち市民オペラによるまちづくりの会、三重オペラ協会、仙台オペラ協会、京都オペラ協会、沖縄オペラ協会などからは10年近く衣裳を任されている。大学のオペラ公演への衣裳貸し出しも積極的に手がけるとともに、地域オペラの衣裳担当スタッフの人材育成にも貢献、全国各地の地域のオペラ公演を裏から支えている。

日生劇場舞台フォーラム

1993年財団創立20周年を記念し、舞台芸術者の育成、支援を目的にスタートしました。日生劇場の舞台で実際に上演された舞台装置・照明・音響・衣裳などを使い、第一線の指導者による若手舞台技術者向けの教育の場として、大きな反響をいただいています。


今年の日生劇場舞台フォーラムは、オペラ「後宮からの逃走」の舞台を題材に、図面やデザイン画、実際の舞台装置や照明をご覧いただきながら、製作スタッフが分かりやすく解説してまいります。
また、フォーラム終了後には、舞台見学もございます。
舞台芸術に関心をお持ちの方々の多くの参加を、心よりお待ち申し上げております。

主催:公益財団法人 ニッセイ文化振興財団(日生劇場)
後援:OISTAT(劇場芸術国際組織)日本センター
   公益社団法人 日本照明家協会
   日本舞台監督協会
   日本舞台美術家協会
   一般社団法人 日本舞台音響家協会
   公益社団法人 劇場演出空間技術協会

公益財団法人 ニッセイ文化振興財団(日生劇場)技術部
〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-1-1
Tel 03-3503-3121 Fax 03-3501-6816
プログラムは変更になる場合があります。予めご了承ください。