【速報】ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』情報解禁

日生劇場ファミリーフェスティヴァル2020
ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

原作 『竹取物語』
脚本 長田育恵(てがみ座) × 演出・振付 広崎うらん

《出演》 
辻田 暁
松本美里(人形劇団ひとみ座)
大宮大奨

田根楽子
津村禮次郎

伊東 亮(人形劇団ひとみ座)
齋藤俊輔(人形劇団ひとみ座)
小林加弥子(人形劇団ひとみ座)
蓬田雅代(人形劇団ひとみ座)
森下勝史(人形劇団ひとみ座)
末永 快(人形劇団ひとみ座)

清家悠圭
小島功義
浅沼 圭
松本ユキ子
久保田 舞
植田崇幸
新垣ケビン

《音楽・演奏》
渡辺庸介(Perc.)
ファルコン(Gt.)
中西俊博(Vn.)

《スタッフ》
舞台美術   長谷川 匠
衣  裳  ミラ・エック
人形美術   小川ちひろ(人形劇団ひとみ座)
照  明   足立 恒
ヘアメイク  橘 房図
音  響   遠藤宏志(アコルト)
人形製作進行 小倉悦子(人形劇団ひとみ座)
演出助手   成平有子
舞台監督   蒲倉 潤(アートクリエイション)

○美しき古典をもとに描かれる、少女たちの絆と〈記憶〉の物語。
 平凡な村娘ひなたは、祭の夜、光る竹の中に眠る不思議な赤ん坊を見つける。
 「かぐや」と名付けられた赤ん坊は信じられないほどのスピードで、美しく成長
 する。かぐやは月から来た姫、異界の人間だったのだ。ひなたの平凡な人生は、
 かぐやという特別な存在との出会いによって一転する。ひなたはこれまで経験し
 たことのない、新しい世界へと足を踏み入れることになる…。

○人形と人間、二つの身体のコラボレーション
 「ダンス×人形劇」は、文楽の技法を継ぐスタイルで操演される人形劇とコン
 テンポラリーダンスを融合させた、日生劇場のオリジナル・ジャンルです。子ど
 もから大人まで年齢を超えて、感性を刺激し夢中になれる、芸術性の高い舞台を
 目指して、2018年に『エリサと白鳥の王子たち』(アンデルセン原作)を上演。
 来場者の皆様から多くの好評の声をいただきました。そんなダンス×人形劇の第
 2作目となる本作は、日本の古典『竹取物語』をベースにしたオリジナル作品で
 す。てがみ座・長田育恵氏による書き下ろし脚本、そして広崎うらん氏の演出・
 振付によって、アーティスティックでエネルギーに満ちた舞台をお贈りいたしま
 す。

○ジャンルを超えた「アートな舞台」へ
 人形の身体と人間の肉体、光と音楽、文学、建築、ファッション、能。想像力
 が、国境もジャンルの枠も超えて共宴する「アートな舞台」。気鋭のクリエイ
 ター、俳優、ダンサー、能楽師、ミュージシャン、そして人形劇団ひとみ座とと
 もに、日生劇場が新制作!

《日程》2020年8月22日(土)・23日(日)各日2回公演
《会場》日生劇場  ☎03-3503-3111(10:00~18:00)         
           www.nissaytheatre.or.jp
《主催》公益財団法人ニッセイ文化振興財団[日生劇場]
《協賛》日本生命保険相互会社
※情報は随時更新いたします。

 更新日:2019/10/29