事業内容

日生劇場はお客様により深く満足していただくため、以下の事業展開も行っております。

ニッセイ名作シリーズ

日生劇場は日本生命保険相互会社の協賛により、オペラ、クラシックコンサート、人形劇などの多彩なジャンルの公演に、幅広い層の児童・青少年を無料でご招待する「ニッセイ名作シリーズ」を展開しています。

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

ご家族で本格的な舞台芸術に触れていただく事を願い、開場30周年の1993年よりバラエティに富んだ作品を低廉な料金で紹介しています。2010年より「日生劇場ファミリーフェスティヴァル」と改称し、更に幅広くより多くの皆様に楽しんでいただけるような作品を紹介しています。

NISSAY OPERA

1963年の杮落とし公演ベルリン・ドイツ・オペラの「フィデリオ」上演以来、国内外で活躍している実力派のオペラ歌手やスタッフによる最高水準の舞台芸術を紹介しています。

ニッセイ・バックステージ賞

舞台芸術を裏から支え、優れた業績を挙げておられる舞台技術者、いわゆる「裏方さん」たちを顕彰する賞です。

華やかな舞台の裏側で舞台づくりに不可欠な仕事をされている方に光をあて、そのご労苦に報いるとともに、後継者の人材育成のための一助になればという願いのもと1995年に創設されました。

裏方さんが主役 〜華やかな舞台を支える「裏方さん」を顕彰〜

「舞台芸術は総合芸術である」と言われ、数多くの分野の人材、あるいは才能の結集によって制作、上演されております。

表舞台に立つ、作者、演出家、俳優といった方々は脚光を浴びる機会が多い反面、「舞台を支える=『裏方さん』」は、ともすれば注目されることもなく評価を得難いのが現状です。

当財団では、これら舞台を支える「裏方さん」たちにスポットを当てることにより、華やかな舞台の裏側で、舞台づくりに不可欠な仕事の数々をご紹介してまいりました。

1995年に創設以来、これまで大道具、小道具、衣裳、照明、音響、歌舞伎床山、舞台監督、ピアノ調律、ライブラリアン等様々な分野において、永年に亘って舞台づくりに貢献されてこられた素晴らしい方々が受賞されています。

<第27回贈賞式>

第27回ニッセイ・バックステージ賞 受賞者

高橋 タカハシ   嘉市 カイチ (音響クリエイター・オペレーター)

 1944年生まれ。1966年国立劇場に入職。音響オペレーターとして、歌舞伎・文楽・能・雅楽・新派等、伝統芸能のあらゆるジャンルの音響に携わり、技術を習得。1973年からは音響責任者として、国立劇場歌舞伎公演「江戸城総攻」、「平將門」、三部作「元禄忠臣蔵」等の作品を音作りから担当。職務の傍ら、伝統芸能以外の音響効果についても研鑽を重ね、音作りを含めた舞台本番オペレーターとして演劇、ミュージカル、コンテンポラリー・ダンス、フラメンコ等を手がける。2010年国立劇場退職後も、日本舞踊や邦楽を中心に、フリーランスとして活動を継続。主な作品は、日本舞踊協会「走れメロス」「陰陽師」、吾妻徳穂「三井の晩鐘」、吾妻寛穂「清姫物狂ひ」、尾上菊之丞「梅雨将軍信長」、花柳昌生「鬼火」、今藤政太郎「雨」「蛍」「舟と琴」、劇団阿香車「どん底」、小林志郎「日神子」、辻󠄀本早苗「うつろい」、小島章司「瞋恚の炎」、出雲蓉「雷の道行Ⅱ」等。また、1976年に日本演劇音響効果家協会、2000年に日本舞台音響家協会の設立に参画し、業界の発展に貢献してきたほか、日本大学芸術学部演劇学科の非常勤講師等を務め、後進の育成にも尽力。多種多様なジャンルの音楽に精通し、半世紀以上に亘り舞台芸術の発展・継承に貢献してきた貴重な音響家として、多くの舞台関係者から信頼を寄せられている。

岡本 オカモト   義秀 ヨシヒデ (文楽背景画製作)

 1956年生まれ。1976年大阪舞台株式会社(現在の関西舞台株式会社)に入社。道頓堀の朝日座に勤務し、舞台製作業務に従事。当時は背景の専門家がおらず、日本画の流れをくむ外部の絵師グループに師事し背景画を学び始める。1984年国立文楽劇場開場後は、舞台製作責任者として舞台図面設計を手掛けるとともに、背景班の責任者に就く。以来、独学で背景画の研鑽を積みながら、国立文楽劇場における文楽・歌舞伎・日本舞踊公演や、内子座、博多座等の地方公演、ヨーロッパ各国をはじめとする海外公演等を手掛け、成功に導いた。淡路人形浄瑠璃館や愛媛朝日文楽の朝立会館など、地方における人形浄瑠璃の舞台機構設計・製作も担当し、大臣や襖返しの作画・彩色を手掛ける。西宮能楽堂建設に際しては、鏡板の作画を担当し、描いた老松と蕾がついた梅の木は能楽堂の顔として親しまれている。舞台全体に精通した十分な経験とともに、舞台背景画家としての高い技術を持ち備え、長年に亘り関西の文楽背景画における第一人者として活躍。同時に、次世代を担う舞台製作者へ、その技術を惜しみなく伝え、背景画の伝統と技術の継承に尽力。

日生劇場舞台フォーラム

1993年財団創立20周年を記念し、舞台芸術者の育成、支援を目的にスタートしました。日生劇場の舞台で実際に上演された舞台装置・照明・音響・衣裳などを使い、第一線で活躍する演出家や舞台技術者による若手舞台技術者向けの教育の場として、大きな反響をいただいています。

第28回 日生劇場舞台フォーラム 2021

オペラ『カプレーティとモンテッキ』
―演出・美術・衣裳・照明―

日生劇場公式チャンネル (Youtube)にて無料配信中です。


第28回 日生劇場舞台フォーラム 2021
オペラ『カプレーティとモンテッキ』-演出・美術・衣裳・照明-

11月13日、14日上演オペラ『カプレーティとモンテッキ』のプランナー陣をパネリストに迎え、実際の舞台装置や資料等をご覧いただきながら、演出、美術、衣裳、照明の各視点からその意図等を解説いただています。
本公演、舞台芸術をより深くお楽しみいただける企画です。
ぜひご覧のうえ、本公演へお越しください。

パネリスト:
演出:粟國 淳(日生劇場芸術参与) 美術:横田 あつみ 照明:大島 祐夫 衣裳:増田 恵美
進行:日生劇場技術部

舞台模型

■NISSAY OPERA 2021 『カプレーティとモンテッキ』公演ページはこちら

※2020年11月9日(火)に開催を予定しておりましたが、現下の状況を鑑み、動画配信(無観客収録)による開催とさせていただく事となりました。
「日生劇場舞台フォーラム 2021 動画配信(無観客収録)についてのお知らせ」はこちら

「日生劇場舞台フォーラムの歩み」はこちら