鑑賞校の募集

日生劇場(東京・日比谷)での鑑賞校募集について

「ニッセイ名作シリーズ2021」日生劇場公演(東京・日比谷)の鑑賞校の募集がはじまりました。
 ◆応募〆切:2020年11月16日(月)

詳しくは、募集パンフレット及び「重要なお知らせ」をご覧ください。

◆パンフレット [PDFダウンロード(5687KB)]

◆重要なお知らせ [PDFダウンロード(202KB)]

◆参加申込書 [Word ダウンロード(21KB)]


※お申込みにあたりましては、【重要なお知らせ】をご一読ください。
※「参加申込書」を印刷のうえファックスしていただくか、メールに添付のうえお申し込みください。パンフレットの郵送をご希望の方は下記までご連絡ください。
公益財団法人ニッセイ文化振興財団[日生劇場] 業務管理部 TEL:03-3503-3111

◆中高生を対象とした無料公演
日生劇場では、2014年より「幅広い年代の子どもたちに年代に応じたすぐれた舞台芸術を提供したい」という考えのもと、本格的なオペラ・バレエ・クラシックコンサートなどの公演を全国の子どもたちに無料で提供する鑑賞教室事業「ニッセイ名作シリーズ」を日本生命保険相互会社にご協賛いただき開始いたしました。
子どもたちの豊かな心と創造力をはぐくむ、かけがえのない時間を全国の子どもたちにお届けします!

◆本格的なオペラ・バレエ公演
一流の出演者やスタッフによる作品で、オーケストラによる生演奏付きです。日生劇場で上演するオペラやバレエを無料で観劇いただき、本物の舞台芸術に触れていただきます。

◆選べる演目や日程
鑑賞公演を下記日程から選べます。ご都合に合わせ、希望の公演日をお知らせ下さい。
(なお、お申込み多数の場合は、抽選とさせて頂きます。)
①オペラ「ラ・ボエーム」
【日程】2021年6月10日(木)、11日(金)、15日(火)~18日(金) 
【開演時間】13:30  【公演数】6回
②バレエ「白鳥の湖」
【日程】2021年7月5日(月)~9日(金) 
【開演時間】13:30  【公演数】5回
③オペラ「カプレーティとモンテッキ」
【日程】2021年11月8日(月)、9日(火)、11日(木)、12日(金) 
【開演時間】13:00  【公演数】4回

※事前学習DVD付き
鑑賞作品について事前学習できるDVD教材(20分程度)を提供いたします。出演者や演出家等が、作品のあらすじや鑑賞のポイントを解説します。作品について知識を深めた上で実際に鑑賞していただくことで、舞台芸術をより深く理解していただけます。ご要望により出張授業も可能です。

ニッセイ名作シリーズ2021パンフ過去上演風景

【「ニッセイ名作シリーズ2021」上演ラインアップ】
①オペラ プッチーニ作曲『ラ・ボエーム』
【公演日】6月10日(木)、11日(金)、15日(火)~18日(金)

【上演時間】 約2時間30分(休憩含)
       全4幕〈日本語訳詞上演・日本語字幕付〉
【指  揮】 園田隆一郎 【演  出】 伊香修吾
【管弦楽】 新日本フィルハーモニー交響楽団
【出  演】 未定 ※ダブルキャスト予定
【見どころ】
19世紀初頭、フランスのパリに住む若者たちの夢や恋、友情を描いた甘くて切ない青春物語で、世界中で上演されているイタリアオペラの一つです。初めてオペラをご覧になる方に物語の理解を深めていただけるように、日本語にて上演いたします。

②バレエ チャイコフスキー作曲『白鳥の湖』~大いなる愛の讃歌~
【公演日】7月5日(月)~9日(金)

【上演時間】 約2時間30分(休憩含)
       全4幕〈解説字幕付〉
【演出・振付】 石田種生(プティパ、イワノフ版による)
【再演演出】 金井利久
【指  揮】 井田勝大
【管弦楽】 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
【出  演】 東京シティ・バレエ団
【見どころ】
“チャイコフスキーの三大バレエ”として知られ、世界中で上演されている『白鳥の湖』。東京シティ・バレエ団による『白鳥の湖』の最大の見どころは、物語がクライマックスを迎える最終幕。オデットとジークフリート王子の真実の愛の力が引き起こす奇跡は、壮麗な音楽と相まって心揺さぶられる場面となります。
ニッセイ名作シリーズ公演では、生徒の皆さんの理解をより深めるために「解説字幕付き」で上演いたします。

③オペラ ベッリーニ作曲『カプレーティとモンテッキ』
【公演日】11月8日(月)、9日(火)、11日(木)、12日(金)

【上演時間】 約3時間(休憩含)
       全2幕〈原語イタリア語上演・日本語字幕付〉
【指  揮】 鈴木恵里奈 【演  出】 粟國淳
【管弦楽】 読売日本交響楽団
【出  演】 未定 ※ダブルキャスト予定 
【見どころ】
一族同士の対立によって引き裂かれる恋人たちの物語。中世のイタリアを舞台に繰り広げられる悲恋の物語は、現在も色褪せない普遍的な魅力を放ちます。
ベルカント・オペラの名手ベッリーニの圧倒的に美しい音楽によって描きあげられた、もう一つの『ロミオとジュリエット』を、新制作でお贈りします。

※やむをえない事情により出演者・上演時間等が変更となる場合があります。時代設定等については演出によって変更となる場合があります。

日生劇場以外での鑑賞について

※全国の劇場での鑑賞校募集、及び開催希望については下記までお問合せください。
公益財団法人ニッセイ文化振興財団[日生劇場]全国公演部 TEL:03-3503-3122

日生劇場